2017年6月19日月曜日

暑さ対策...

週末に遮熱塗装をした。
数度低くなっているかなー? 程度の効果かな...

2017年6月15日木曜日

熱対策...

昼間の観測室内温度が38度にもなるので、少しはマシになるだろうと遮熱塗料を塗ることにした。外壁がアルミなので、まずは下地処理を先週末にした。
現在、ビニルで養生し、鳥の糞害を回避中。今週末に塗装予定。

太陽電池パネルで充電しているバッテリーが、ファン1個を夜間回すだけの容量の無いことが判明。いつの間にか、過放電状態に。

2017年5月28日日曜日

やっぱり木製三脚...

Mark-X用のカーボン三脚で芳しい結果が得られていないので、純正の木製三脚で状態を確認。性能面では一番の様。
15cmRCに、フラットナとシュミカセ用のレデューサを組み合わせてテスト中。中心像は、十分な結像性能。焦点距離960mmF6.4程度。

ぼっち観測所は、梅雨の湿度対策として除湿器を連続運転できるよう屋外に排水用ホースを設置。
また、換気口を開け、5Wのソーラーパネルで常時外部へ排気する様にした(4Ahのバッテリー併用)。日中は、手持ちの24Vファンを2個使って上部の空気を攪拌し、少しでも環境が改善されるようにしてみた。

2017年5月27日土曜日

改造終了...

古い架台の改造が終わり、2週間ほど前に戻ってきた。
こちらのコントローラは、ユニポーラのマイクロステップ(サンケンのドライバ)。
コントローラを開けたらびっくり。
DIPの汎用ロジックがびっしり...と、片隅にはDIPのPICマイコン。流石に設計が古いな。
もっとも、これなら、じいさんになっても修理できそうだw

先週、仮設置をして動作確認。低振動ですこぶる具合がいい。ちょっと赤経のバッラッシが大きいので調整が必要。精密な設置はこれから。

今朝は、梅雨と夏の暑さ対策のために、除湿器が連続運転できるように排水口を開け、ホースを室外に。さらに、上部にたまる熱気対策として換気口を設置。ソーラーパネルを電源としたファンで強制排気の予定。


2017年5月10日水曜日

機材テスト...


30年以上昔に発売されたMark-X赤道儀に、新しいモータードライブを付けてテストした。

恒星時駆動周波数も約560pps。PM型パルスモーターのくせに、150倍速で動く。150倍速って87Kpps。
コントローラはドイツ製。定電圧バイポーラマイクロステップ駆動64分割。どんなチップを使っているのかと思い、コントローラを開けてみたら、ソフトウェアマイクロステップだった。でも、回路が面白い。こういう励磁のさせ方は初めて見た。

望遠鏡は、新しく入手した15cmのRCをのせした。光軸が少しずれていたので、今回は副鏡側を調整。光軸がズレない様に(?)思いっきり締めてあった。ある意味、光学製品の締め方じゃない。さすが台湾製。RCは2枚とも非球面なので、よく考えてから調整しないとドツボにはまるので注意が必要。修正したおかげで、キレイなジフラクションリングが見えるようになった。

三脚は、移動用のカーボン三脚を使ったが、どこかの剛性が不足しているようで、望遠鏡に触れると±40"角程度の振動が数秒間生じる。三脚か、傾斜台のいずれかが原因だと考えている。

2017年4月23日日曜日

イオと木星...

雲が広がる直前に20000コマ程度撮影できた。
シーイングがだいぶ良かったので、125mmとしては良い画像が得られた。


4/23 20:08:04
C5 + 2.5xバーロー


[ZWO ASI178MM]
Pan=1148
Tilt=740
Output Format=SER file
Binning=1
Capture Area=800x600
Colour Space=MONO16
Temperature=23.7
Hardware Binning=Off
High Speed Mode=Off
Turbo USB=60(Auto)
Flip=None
Frame Rate Limit=Maximum
Gain=255(Auto)
Exposure=0.012211
Timestamp Frames=Off
Brightness=60
Gamma=50
Auto Exp Max Gain=255
Auto Exp Max Exp=30
Auto Exp Max Brightness=100
Subtract Dark=None
Display Brightness=1
Display Contrast=1
Display Gamma=1



2017年4月20日木曜日

ジョンソン彗星C/2015 V2...


2017/04/19 21:42:17~

SHARPSTAR ED65Q + ASI071MC-Cool

APS-CサイズのCMOS冷却カメラを冷却しないで撮影
彗星を中心にトリミング
17sec x 257枚 =72分49秒
予想では7.8等と、それほど暗くはない彗星です。空が明るいので、尾を少しでも見せたいので、大量に撮影して、彗星核でコンポジット。
高度が高くなってからの撮影なら、もっと写りそう。
21:42:17~197枚
23:28:15~60枚
途中にダークを100枚撮影(22:40:12~)したので、星の軌跡が途切れています。
SHARPSTAR ED65Qは、自分で光学系をしっかり調整したので、気持ちいい像を結びます。

[ZWO ASI071MC-Cool]
Debayer Preview=On
Pan=0
Tilt=0
Output Format=Fits files (*.fits)
Binning=1
Capture Area=4944x3284
Colour Space=RAW16
Hardware Binning=Off
Turbo USB=80(Auto)
Flip=None
Frame Rate Limit=Maximum
Gain=322
Exposure=17
Timestamp Frames=Off
White Bal (B)=99
White Bal (R)=34
Brightness=10
Gamma=100
Temperature=9.4
Cooler Power=0
Target Temperature=-10
Cooler=Off
Auto Exp Max Gain=300
Auto Exp Max Exp=30
Auto Exp Max Brightness=100
Mono Bin=Off
Anti Dew Heater=Off
Subtract Dark=None
Display Brightness=1
Display Contrast=1
Display Gamma=1